個別記事のページです

2016年5月30日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

情報を盛り込む商品ページ

こんにちは!花宮です。
いやーー暑いですね!まだ梅雨も来てないというのにもう30℃を超えています。
7~9月が本当に不安ですね。


Fでもついにクーラーの試運転を開始しました。
毎日、電源を切るときに望月が幾らくらい掛かっているのかをチェックしています。
結構大きい機械なので、電気代を食うのかなと思っていたのですが、
案外そうでもなく普通よりちょっと高いぐらいでした。
節電大事ですね。


ところで、売れる商品ページとはなんでしょうか。
私達Fの考え方では、その商品の情報を存分に盛り込んでいるページです。
楽天のようなページですね。


中には商品ページにも、あまり語っていないものもあります。
それは、商品の事を語らなくても、誰でも知っている商品に限ります。
特に大企業が取り扱っている商品は語らずとも、お客様は買ってくれます。
ブランド力がついているからです。


知らない商品をお客様が買うはずがありません。
しっかりと魅力を書かないといけません。


そして、商品によって見せ方は変わってきます。
使用写真を多く入れて雰囲気を伝えてあげるのか、本当に1から10まで言葉で語ってあげるのか。
状況によって変わってきます。


デザインは知れば知るほど、本当に奥が深いです。
商品ページについて

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ