個別記事のページです

2016年5月27日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が謙遜でブレーキを踏む人達-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

なぜあの会社で作るとすべて売れるのか。
ホームページの悩みが吹き飛ぶ本あります → http://goo.gl/6Pl8Ak

より良い方向に経営と人生が行くために、
毎週実践して気がついたことをメールさせて頂いております。

本日は少しの事で大きく変わる周囲の期待を持ってきました。

・よく頑張っていますね。
・すごい仕事をしますね。
・お客様から愛されてますね。

いや、私なんてまだまだですよ。

・・・・・・・・・・・・

そうか、この人はまだまだ大した人じゃないんですね。

自分で他人の評価を落とす方がいます。

・よく頑張っていますね。
・すごい仕事をしますね。
・お客様から愛されてますね。

ありがとうございます。嬉しいです。
これからも精進していきます。

やっぱり私が感じていた通りなんだ。

まずは他人の評価を受け入れてみるというのは、
自分自身の実力を認めるということとなります。

ホームページ作る上で、
自分の客観視というのは非常に重要な要素となります。

自分自身を良い形で、等身大で見せることができると、
どんなに幸せなことが起きるでしょうか。

説明が要らなくなる。信頼が増す。

せっかくお客様からほめてもらっているのですから、
自分はこんなに凄い人なんだという自己認識を持って欲しいです。

そうして、天狗にならずに、
さらに毎日コツコツと精進していく。

自分の実力と周囲からの実力。
自分の心の中の謙遜するブレーキを外して、
褒め合える環境を作ることが、一番の成長だと感じます。

最近褒めるのは得意になってきました。

しかし、褒め返される人がいない。

褒め合える関係性を作れれば、
もっともっと大きな可能性がそこにあると考えます。

褒められなければ、褒め続ければ変わってきます。

今後とも長いお付き合いをお願いします。

スタッフも書いてくれています。

■半年たっても慣れないこと

■主観的と客観的のバランス

■出来ることを増やしていくこと

■今まで自分がしてきたこと

■200円払ってでも伝えたいことがある。
 売れる10の定式ダウンロード。

2016-05-27 11.33.23.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ