個別記事のページです

2016年5月12日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

お互いを思いやった仕事

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。

担当についてですが、初めに担当と決まる場合と、
制作途中や制作後に引き継いで担当になる場合があります。
どの業種でも引き継ぎはあるとは思いますが、
引き継ぎをしっかりやっておくことの大切さを改めて実感しました。

引き継ぎは、今後何をやっていくか、資料の受け渡しなどしていきますが
何よりも大事なのは「今まで何をしてきて、今どういう状況なのか」です。
今後何をしていけばいいかが分かっても、
今まで何をしてきたのか、何を約束しているのか全て把握できないと
ただ資料を渡すだけでは、何か起きた時にどうして問題がおきたのかが分かりません。
把握していれば、説明することもできるし対策も立てることができます。

引き継ぎ作業は、引き継ぐ方が今までのことを全て把握しないといけませんが
その受け渡しが良くないと流れが乱れてしまいます。

例えるならリレーのバトンです。
引き継ぐ方は、構えてしっかり受け取れるような体制を取っていても
バトンを渡すほうが、相手のことを考えずにバトンを渡すと
しっかり受け取れず落としてしまいます。
落ちたバトンを拾って走りだす、時間のロスになりますし
責任も「落とした」ことで受け取り側に課せられます。

その逆もまた然りです。
受け渡す方が、相手の手元にしっかり渡そうとしているのに、
引き継ぐ方は体制を整えてない、受け取りに来ようとしてないと
同じことが起こります。その場合は、自分で起こした問題で自分が責任を負います。

分かりにくい例えかもしれませんが、
お互いがお互いを思って引き継がなければ、流れは崩れていい方向には進まないということです。
残されたメンバーも元の状態に戻すため、より頑張らなければなりません。

残っている人のため、自分のためにも
「自分の持っているものは全て渡して伝えた」
「今後のためにも自分から聞いておく、疑問を残さない」

相手を思いやった行動で、気持ちよく仕事ができるように
今後していかなければならないな、と実感しました。
te.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ