ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2016年5月31日(火)
仕事を楽しむ

こんにちは。ホームページ制作Fのすえまつです。
Fにいると時間が経つのが本当に早くて、1日があっという間に過ぎていきます。
ついこの間5月が始まったような気もしますが今日で5月も終わりです。
日中は本当に暑く、今年の夏は乗り切れるのかとすでに心配しています。
毎年のように思うのですが夏を迎える覚悟が必要です!


入社して2か月半が経ち、コードや更新作業にも以前よりだいぶ慣れてはきましたが、
まだまだ作業を進めるうえで躓くことが多々あり日々勉強中です。
今月入社した新人さんに質問される機会も出てきたのですが、
自分の理解が甘かったりで的確に答えることが出来ず、
質問される事で逆に自分が学ぶことの方が多いと感じています。


未だにこんな状態なのですが、更新作業を進める中で
何か分からないことや思い通りにならないことがあると、
ついつい「難しいです」と口に出てしまっているなと思います。
気持ちは言葉に操られる、という事をよく耳にしますが
難しい!と思いながら作業していると、そこまで難しくないことも
本当に難しくなってくるように思います。


仕事は楽しみながらやるという事を入社以来何度か言われたことがあります。
楽しい仕事をするというよりは、仕事をする上で楽しいポイントを
自分で作っていくということなのかもしれません。

もう少し肩の力を抜いて柔軟に向き合っていきたいです。

職場風景

2016年5月30日(月)
情報を盛り込む商品ページ

こんにちは!花宮です。
いやーー暑いですね!まだ梅雨も来てないというのにもう30℃を超えています。
7~9月が本当に不安ですね。


Fでもついにクーラーの試運転を開始しました。
毎日、電源を切るときに望月が幾らくらい掛かっているのかをチェックしています。
結構大きい機械なので、電気代を食うのかなと思っていたのですが、
案外そうでもなく普通よりちょっと高いぐらいでした。
節電大事ですね。


ところで、売れる商品ページとはなんでしょうか。
私達Fの考え方では、その商品の情報を存分に盛り込んでいるページです。
楽天のようなページですね。


中には商品ページにも、あまり語っていないものもあります。
それは、商品の事を語らなくても、誰でも知っている商品に限ります。
特に大企業が取り扱っている商品は語らずとも、お客様は買ってくれます。
ブランド力がついているからです。


知らない商品をお客様が買うはずがありません。
しっかりと魅力を書かないといけません。


そして、商品によって見せ方は変わってきます。
使用写真を多く入れて雰囲気を伝えてあげるのか、本当に1から10まで言葉で語ってあげるのか。
状況によって変わってきます。


デザインは知れば知るほど、本当に奥が深いです。
商品ページについて

2016年5月27日(金)
Fで起こったサプライズ!

こんにちは!
ホームページ制作Fのアンドウです。


GWが遥か昔の事だったかの様に毎日Fで学んでいます!
これまでとは、全く違う環境と手法のデザインは、正に未知の領域です。


隣や、後ろの席で着々とこなしていく先輩達を見て、
もっとデザインに対する理解を深めていかないとと毎日考えさせられrます。


そんな中、本日Fではサプライズ行事が行われました!
昨日の夜、
「ケーキの隠し場所はどうしようか・・・・。」
「冷蔵庫に瓶めっちゃあるし!!とりあえず2階に置いちゃえ!」


そんなワイワイ話しているのを背中で聞いて、迎えた翌朝。


お昼ちょっと前、丸井さんが
「しゃちょーーーーーーー!!!!」
とローソクの立ったケーキを持って登場です!


それと同時??にみんなも立って、間髪入れず??
「お誕生日おめでとうございまーーーす!!!」
とお祝いしました!!


そうです、本日のサプライズは、29日に誕生日を迎える社長の誕生日の為だったのです!!


こういったことを楽しくできる会社にいれてホントによかったなと心から思いました!
それも、みんなそれぞれが日々、同じ事に真剣に取り組んで、その想いを共有できているからなんだと思いました。
その後みんなでケーキを食べ、またいつも通り仕事に取り掛かりましたwww


これから先も、こういった楽しいことをみんなと共有していくためにも、
もっともっと学んで、人としても、デザイナーとしても、成長して信頼のある人になっていこうと感じた1日でした!!


改めて、、、、


「社長、誕生日おめでとうございます!!!!!!」


Fで起こったサプライズ.jpg

2016年5月27日(金)
自分が謙遜でブレーキを踏む人達-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

なぜあの会社で作るとすべて売れるのか。
ホームページの悩みが吹き飛ぶ本あります → http://goo.gl/6Pl8Ak

より良い方向に経営と人生が行くために、
毎週実践して気がついたことをメールさせて頂いております。

本日は少しの事で大きく変わる周囲の期待を持ってきました。

・よく頑張っていますね。
・すごい仕事をしますね。
・お客様から愛されてますね。

いや、私なんてまだまだですよ。

・・・・・・・・・・・・

そうか、この人はまだまだ大した人じゃないんですね。

自分で他人の評価を落とす方がいます。

・よく頑張っていますね。
・すごい仕事をしますね。
・お客様から愛されてますね。

ありがとうございます。嬉しいです。
これからも精進していきます。

やっぱり私が感じていた通りなんだ。

まずは他人の評価を受け入れてみるというのは、
自分自身の実力を認めるということとなります。

ホームページ作る上で、
自分の客観視というのは非常に重要な要素となります。

自分自身を良い形で、等身大で見せることができると、
どんなに幸せなことが起きるでしょうか。

説明が要らなくなる。信頼が増す。

せっかくお客様からほめてもらっているのですから、
自分はこんなに凄い人なんだという自己認識を持って欲しいです。

そうして、天狗にならずに、
さらに毎日コツコツと精進していく。

自分の実力と周囲からの実力。
自分の心の中の謙遜するブレーキを外して、
褒め合える環境を作ることが、一番の成長だと感じます。

最近褒めるのは得意になってきました。

しかし、褒め返される人がいない。

褒め合える関係性を作れれば、
もっともっと大きな可能性がそこにあると考えます。

褒められなければ、褒め続ければ変わってきます。

今後とも長いお付き合いをお願いします。

スタッフも書いてくれています。

■半年たっても慣れないこと

■主観的と客観的のバランス

■出来ることを増やしていくこと

■今まで自分がしてきたこと

■200円払ってでも伝えたいことがある。
 売れる10の定式ダウンロード。

2016-05-27 11.33.23.jpg

2016年5月26日(木)
今まで自分がしてきたこと

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。

Fで働き始めて10ヶ月は経ちましたが、まだまだ分からないこと、
勉強していかないといけないことが多くあります。
そんな中で、良いホームページを作るためサポートしていくのですが
最近では、初めてするようなことばかりで満足のいく答えを出せていないのではないか・・・
と不安になってしまう時もあります。

自分が理解しないことにはサポートもできませんので、
分からないことは自分で調べたり、先輩にアドバイスをもらったりします。
正直、わたしは自分の考えをしっかり持っていても説明することが苦手です・・・
話す力をもっと付けていきたい!!!と毎日思うのですが、なかなか慣れません。

自分なりに頑張っているけど、ちゃんとできているのかと考え込んでいたのですが
先日、お客様とお話した際に、「ここまでこんなにしてきてくれて・・・」とお話してくださり、
私が今までしてきたことがちゃんと伝わっているんだ、ということを知りました。
分からなくても、難しくても、逃げずにちゃんと向きあえば自分がやってきたことは
きちんと相手に伝わるんだ、と電話の途中なのに嬉しさでどうにかなってしまいそうでした・・

途中経過ではきついこともあるとは思いますが、頑張ってきたことが伝わると
こんなにも嬉しいのか、とこれからも頑張ろう!ってやる気がでてきます。
辛いこともありますが、しっかり向き合っていくことが大事だなと実感しました。
IMG_61471.jpg

2016年5月25日(水)
半年たっても慣れないこと

こんにちは制作のしもかわです。
月日が流れるのはとてもはやいもので、Fに入社して昨日で丁度半年になりました!
今日は未だに、いつまでたっても緊張するうちの一つをことについて書いてみます。


大体の人がそうなのかなと思っていますが、私はどんなページでも、
ラフでも、誰かにデザインを提出する時はものすごく緊張してしまいます。


そのデザインがたとえどんなに自分の中で満足のいくものだったとしても、
どうしても心の重荷は取れてくれません。


まず社内でデザインを提出した際、
「もうちょっとここをこうしたほうがいい」
「素晴らしい!」
「全然ダメ!」
大きく分けてこの3通りの感想・意見をいただきます。


「もうちょっとここを...」と指摘されたときは、
自分でもデザイン全てに納得できていたものではないことが多かったので、
指摘された箇所を踏まえてより良いデザインにしていこう!と意気込みます。
修正をして良いデザインになったと言ってもらえた時には、心の重荷がふっと消えてくれます。


「素晴らしい!」と言われたときは、心の重荷なんてどこへやら!
嬉しい気持ちと達成感が湧きたって、次のデザインも頑張ろう!
でも今日までこのデザイン完成のために頑張ったから今日はいつもより早めに帰ろうかな。
と帰り支度を始める時も。


「全然ダメ!」と言われたときのショックというか、やるせなさは言葉にできません。
ダメ出しとアドバイスを同時に受けて席に戻ってから、修正作業に入る前にひとまず一服します。
指摘された内容をきちんと受け止めて、頭の中で整理をしてからやる気を奮い立たせます。
時間が遅いと、明日の自分にまかせよう!とやることの整理をして帰ることも。


大体この3通りの言葉をいただいて修正、デザイン完成までいくのですが、
最終的にはお客様に見ていただいてから本当のデザイン完成となります。


いくら社内で良いものだと完成したデザインでも、お客様が気に入って下されなければ完成とは言えず、
ページ全体を修正!なんてこともあるので決して気を抜くことはできません。
もちろんこのとき一番嬉しいのは、お客様がデザインに満足してくださるときです。
このデザインを頑張った甲斐があった!と、肩の荷も一時的におります。


基本的にはこのサイクルを毎日、毎週、毎月と続けて、だんだんと流れに慣れてきましたが、
私はやはりダメ出しを受けると立ち直るまでに少しだけ時間がかかってしまいます。


失敗になれる

ことが入社後、私の目標の一つでもあるので、気落ちすることにもめげずに
自分の落ち度もしっかりと認めて失敗になれながら一歩ずつ良いデザインに向かっていきます!


ace1.jpg

2016年5月24日(火)
主観的と客観的のバランス

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。


お客様に専任のデザイン担当者が付き
お客様のことをとことん理解して
のめり込んで作り上げていくFのデザインですが


知り過ぎてしまって見えなくなるものもあるのではないかと
感じることがしばしばあります。


それはその会社様の事を、されている業務の事を、抱えている想いを
全く知らない人(お客様にとってのお客様)が見た時に、どう感じるのかという事です。
自分自身は担当させて頂くお客様の事を深くまで知ろう知ろうと
情報を頭の中に入れ込んでいき、デザインをしていく中で
あれでもないこれでもないと推敲するうちに
更に思い入れも強いものとなっていくのですが
主観的に入り込み過ぎてしまうと
知っているが故に伝えておかなければならない事が抜けてしまい
構成に説明不足が生じるなど
時に作り上げたものが不自然なものとなってしまうこともあります。
(数学の得意な人に分からない数式の解き方を教えてもらったら
途中の式は頭の中で解けるからと言われて答えだけ教えてもらうような感じです...。)


私は、デザイン中は少し休憩を取り時間を置くなどして
一度制作しているものからあえて目を離してみたりしています。
間をあけて見てみると新鮮な気持ちで見る事が出来るので
お客様のお客様目線にも切り替えやすくなって
・ここは更に文章を加えて変更をしよう
・この言い回しは伝わりずらいかもしれないから別の表現にしよう
など、気づきを得られる事が多いです。


会社様の・お客様の立場になって、時にはお客様のお客様目線で
バランスをとりながら切り替え意識していく事が、
単純に情報を載せただけではない訴えかけるホームページとする為には
必要な要素の一つであると感じています。


捉え方を切り替えて考えるというのはなかなかに難しいですが
1ページの中にあるデザインのコンテンツ一つとっても
多方向から捉えられる力を磨いていきたいと思っています。

DSC_0027-600x401.jpg

2016年5月23日(月)
出来ることを増やしていくこと

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。

時が経つのは早いもので、もうすぐ入社して2ヶ月になります。

ホームページの作り自体、最初のころは未知なことが多くて、長すぎるページを作ったり、文章が絞りきらずに長かったりと、
とんでもないものばかり生み出していました。
最近ようやく慣れてきて、この文章は簡潔で読みやすい、ここは長すぎるなあ。 と判断できるようになりました。
まだまだ学んでいく事ばかりで、そんな中一番勉強になるのは、先輩の作ったサイトを見ながら、セカンドページを作ることです。

セカンドページを作りながら、先輩たちは初心者からはじめてなぜここまで作れるのか、本当にすごいと感じます。
先輩たちも最初は、こうやってセカンドページを作りながら、実践で技術とセンスを身に着けていったのだと思います。
そうやって這い登っていった人達だからこそ、一人ひとりがお互いを尊重しあって、今のFの雰囲気があるのかもしれません。

例えが小さいですが、最初のころは緊張していたお茶だしも、最近では慣れてきました。
すっかりお茶だしは自分の仕事!という意識が付いています。
こうやって自然と出来るようになったこと、慣れることをふやしていけばいいんだな。
と、リラックスしてデザインも他のことも、学んでいこうと感じる今日この頃です。
お茶.JPG

2016年5月22日(日)
良い部分を真似して進化-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

良い会社がいきなりできるわけではなく、
知識と知恵が集結してできている。

自分流にやってもうまく行かない事が多く、
1回目は失敗して、2回目以降に徐々に精度が上がっていく。

経営とは人生とは体験したもの、
より良い実践されたものを導入すると良い方向に行くと考えてます。

うまくいく会社の方程式は必ずあります。
その方程式を部分的に切り取り、会社に落とし込んでいくだけでも
会社は飛躍的に楽になっていく。

部分に目を当てて、1つを解消するだけ、
相乗効果で他の部分も良くなる。

全体を改善しなくても、
効果はたくさん出てきますので、
会社の弱い部分にフォーカスをしていくと結果が出やすくなります。

良い部分を真似して進化していく。
お客様を徹底的に分析して作成しておりますので、
良さが存分に出ていると思います。

最新のホームページの実績
https://www.web-f.net/ziseki.html

真似できる部分は真似をしていただいて、
より良い会社になってほしいと思います。

会社の弱い部分を治せるホームページを作成しています。
お気軽にご相談下さい。

月曜日と火曜日は東京と大阪出張です。
久しぶりの出張で肌で色々と体験して来ます。

今後とも長いお付き合いをお願いします。

スタッフも書いてくれています。

■Fの雰囲気
https://www.web-f.net/2016/05/f-61.html

■魅せるデザインと見せるデザイン
https://www.web-f.net/2016/05/post-35326.html

■過去の出来事を振り返る文章作成
https://www.web-f.net/2016/05/post-35328.html

■イメージする
https://www.web-f.net/2016/05/post-35327.html

■お客様とのタイミング
https://www.web-f.net/2016/05/post-35329.html
2016-05-22 12.36.52.jpg

2016年5月20日(金)
Fの雰囲気

こんにちは、たちばなです!


今日はFはの雰囲気について書きたいと思います。
Fのメンバーは口をそろえて「居心地がいい」といいますが、
それは「和気あいあい」「アットホーム」「明るい」とはなんだか違いますし
慣れ合いでもありません。
初めて来られたお客様は、社内を見て「みんな黙々とやっていますね‥」と言います。
確かに黙々とやっていますが、中に入っている側から見るとピリピリもしていなければ
聞きにくい、話しかけにくい雰囲気でもありません。


なんと表現したらいいかわかりませんが、誰も無理をしていないんですよね。
マイペースに、好きなようにやらせてもらっていますし、
ひとりで慌てている人やひとりだけで焦って頑張っている人もいません。
無理に明るく振る舞ったり思ってもないようなキレイ事を口にしたりもないです。
基本的にはチームというよりも個人的な仕事ですが、誰かが見てくれているし気にかけてくれている。
そんな遠巻きな安心感が、自分らしく働ける理由にもなっているのかな?と感じます。


私はどちらかと言うと先輩の立場にありますので、
のびのび働きたい!というよりは、のびのび働いてもらうには?ということも考えていかねばなりません。


と頭では思うのですが、
ふと周りを見ると後輩ちゃんたちが仕事の合間にお菓子をつまんでいたり
ご飯行きたいですね~と話しかけてくれたり
作ったデザインを、どっちが良いと思いますか~?と聞いてきてくれたり
私のミスを突っ込んでくれたりもするので
きっとそんなところまで頭を使う必要はないんだろうな~と感じています。


昨日の自分だけには負けないように~、、来週からも頑張ります!

仲良し

2016年5月19日(木)
お客様とのタイミング

画像 こんにちは。更新管理担当のオカベです。
お客様からさまざまな更新や修正のご依頼を頂きますが、
すぐに対応可能なものもあれば時間を貰って調査して作業する案件もあります。
最近はWordPressはMovable TypeなどCMSを通して更新するサイトが増えてきて
ローカル環境で確認はOK→実際の本番にアップして確認をしたタイミングで
ちょうどお客様が見ていて「ホームページがおかしい!」と言われることが時々あります。。

また弊社での作業とお客様の作業タイミングが重なってしまい、
弊社が修正対応した内容をアップ→直前にしたお客様の作業が戻ってしまう、
その逆パターンもよくあって「更新したのに~!」と言われることも・・。

なので期日を切る・指定することがとても大事だなと思いました。
「○日までに作業します」といえばお客様はまだかな?という不安もないですし
「弊社は○日に作業します」といえば作業がぶつかることもないです。
期日を切るためには常にスケジュールを把握しておく必要もありますが
この案件はいつまでにしないといけない、でもこの日この案件ならできるとか
自分が担当している仕事の確認もできるので私的にな効率がよく感じます。

2016年5月18日(水)
過去の出来事を振り返る文章作成

過去の出来事を振り返る


こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


突然ですが、過去の出来事を振り返るということはありますか?


ホームページを作っていくために欠かせないのが文章ですが、
まず何を書いたら良いのか、どう出していったら良いのか分からないという段階でつまずくことが多いです。
想いや強みを書こうとしても、表面的な言葉が並び、誰でも言えるような文章になってしまいます。


それは、今しか見てないからなのかもしれません。
現在の自分だけで考えてしまうと深みや重みが出なくなります。
いまの会社や自分があるのは、過去の積み重ねがあった結果です。


過去あった出来事は全部今の自分につながっていると思います。
特に、辛かったことや、苦しんだこと、悩んだことや、つぶれそうになったこと、
それは、あなたの使命や情熱、今の仕事を続けている理由につながるのではないでしょうか。


それを踏まえて乗り越えてきたからこその強みがありますし、
そこには多くの強い想いもこもります。


なので、過去の出来事を振り返るというのはとても大切なことで、
ホームページを作る上で欠かせないものだと思います。


それが、他の会社との最大の違いになりますし魅力にもなります。


最近では、お客様のことを根掘り葉掘り聞いていくのですが、
自分自身も一度過去を振り返って今の仕事をしている理由を見つけるのも必要なのかなと思っています。


2016年5月17日(火)
イメージする

こんにちは。ホームページ制作Fのすえまつです。
昨日は激しい雨が降っていましたが、今日は打って変わって快晴でした!
もう夏もすぐそこの様な気もしますが、沖縄は昨日梅雨入りしたそうです。
梅雨と聞くとなんだか憂鬱な気分になりますが、
梅雨があるからこそあの夏が始まる爽やかな間隔が味わえるのかもしれません。


今日は毎朝行っているそうじについて書いてみようと思います。
Fでは毎朝15分ほど社内の掃除をします。
社内と言っても古民家なので家の掃除をしているみたいです。
個人個人で担当箇所を振り分け毎月変わっていきます。
掃除分担表が貼り出されチャイムが鳴ったら始まるので、学校にいる様な感覚になります。
学生の頃は掃除の時間がやたら長く感じましたが、今では15分間はあっという間に過ぎていきます。
特にトイレ掃除なんかは間に合いせん。
どの手順で1つ1つの工程をどのくらい時間をかけてやるのか...
さすがにそこまで深くは考えていませんが
なんとなくイメージしておかないと時間がない!という事もたまにあります。


掃除もそうですが何をするにも着地点をイメージする事が重要だと思います。
今日1日のイメージ、明日、1年後、5年後、10年後...
イメージして準備しておくことで違った1日が送れるかもしれません。
まずは明日のことからイメージしていこうと思います。

イメージする

2016年5月16日(月)
魅せるデザインと見せるデザイン

こんにちは!花宮です。
朝、出社してすぐに窓を開け放つ程、暑くなってきましたね・・!
今日はwebデザインの事について考えたいと思います。


ホームページのデザインは、大きく二つに分かれます。
魅せるデザインと見せるデザインです。
魅せるデザインは、その人のセンスや経験によって研ぎ澄まされていくものですが、
見せるデザインは、頭を使って論理的に作って行くものです。
読ませるデザインと言った方がわかりやすいかもしれません。


Fでは後者のデザインこそ、ホームページにおける重要なデザインと考えています。


見せるデザインでは、センスや美的感覚はあまり重要視しません。(もちろんあれば尚良いです)
いかに読ませる構成を作るのかが重要になってきます。
そのため、しっかりと相手の事を把握し、お客様の気持ちになって構成を考えれば、
売れるデザインを作る事ができます。


Fのほとんどの社員は、この仕事を未経験で入社してきます。
かく言う私も全くの素人で、webデザインの事については何一つわからない状態で入社しました。
そんな状態ですが、半年も経たないうちに担当を任されます。
その会社様のホームページを作ることになるのです。


業界的にも人の入れ替わりが激しいため、こういった事は珍しくないのかもしれません。
しかし、入社して間もない人が、その会社様のホームページを作るということは、
なかなかのプレッシャーを感じる事だと思います。
少し大げさかもしれませんが、その会社様が潰れるかどうかは、
その担当者の手にかかっている。
そういっても過言ではない程、ホームページの威力は大きいです。


そんなプレッシャーに負けないように、
Fでは新人さんでもホームページを作れる流れを確率しています。
まずは、社長の望月がトップのラフを書いてそれに沿って必要な情報を出して...と、
確実な流れがあるので、それに添って進めれば、スムーズに制作を進める事ができます。
新人さんでも同じことです。


魅せるデザインでは、感覚的な表現が多いため、人に教える事が難しいのかなと思います。
そういった点では、見せるデザインのFは教えやすいし、
見ている人にも良さをうまく伝える事ができます。


これ綺麗!かっこ良い!!だけで終わらないように、
お客様の心に響くデザインを心掛けていこうと思っています!
見せるデザイン

2016年5月13日(金)
入社1ヶ月を振り返る

こんにちわ、ホームページ制作Fのアンドウです。


「こんにちわ」というよりも、「はじめまして」が正しいですね。
先月の14日に入社して明日で丁度1ヶ月が経ちます。
Fに来て初めてのブログという事なので、この1ヶ月を振り返ってみようと思います。


まず会社の雰囲気ですが、個人的にはすごく居心地のいい空間だなぁ。
と感じでいます。
古民家風(むしろ古民家?)の事務所は、まるで自宅にいるかの様な錯覚さえ覚えます。
あ、自宅が古民家という訳ではなく、それくらい落ち着ける空間だということです。


私は、これまで長くデザイン・web業界で働いてきましたが、
こんなに伸び伸びとした会社は初めてです。
そして、1番の居心地の良さを感じる理由は、
「働いている人達の人柄」です。


私が、この会社を受けようと思ったきっかけの1つに、
「人を大切にしている会社」とHPに書いていたという事がありますが、
それは、入社してみるまでは正直分からない状態でした。
でも、実際にこの1ヶ月この場所にいてすごく実感します。


Fで働いている人は、お互いがお互いを尊重、認め、正直に向き合っていると感じます。
なので、デザインも詰まったり、困ったりしたら集まって話したり、相談したりする光景をよく見ます。


社員同士はもちろん、そういった他人を理解し、
尊重するといった社風は、会社内だけでなく、
外にまで生きているんだと思います。

Fでは、TOPデザイン制作に時に2ヶ月かけると聞きます。
初め聞いた時は、そんなバカな!と驚きましたが、
お客様の事を自分の事の様に考え、理解し、最善の物を提供する。
いい物が出来るまで、何度でもやり直す。
一見、終わりのない無限地獄のようにも感じますが、
これまでデザインの仕事をしてきて1番苦しいのは、
時間に追われ、全く納得出来ていないものでも、
「しかたなく」納品しなければいけない事でした。


Fではそれを絶対しません。
相手の事を真剣に考えるからこそ、生半可な物では決して納品しないですし、
途中、デザインに詰まったり、悩んだりした時は、
社員同士で話し合いながら最善の物を目指しています。


デザイナー同士が意見を求め合ったりすると、相手に遠慮して、
「うん、いいんじゃない?」
とふわっとした意見しか言わない人がいますが、ここの人たちは、人を大切にするから、
正直な意見をぶつけてきてくれます。
それが私にはすごく居心地がよく、
デザイナーとしてFのデザインがまだ何も出来ない身としては、
成長していける環境は整っているなと感じてます。


あと、この環境を活かすのは自分次第。
これまでの経験は一旦棚上げして、もう一度初心者として、
このFの人達からいろんな事を学び、吸収していこうと思います。


ちょっと柄にもなく真面目な感じの初ブログでしたが、
これからよろしくお願いします!!


入社して1ヶ月を振り返る.jpg

2016年5月12日(木)
お互いを思いやった仕事

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。

担当についてですが、初めに担当と決まる場合と、
制作途中や制作後に引き継いで担当になる場合があります。
どの業種でも引き継ぎはあるとは思いますが、
引き継ぎをしっかりやっておくことの大切さを改めて実感しました。

引き継ぎは、今後何をやっていくか、資料の受け渡しなどしていきますが
何よりも大事なのは「今まで何をしてきて、今どういう状況なのか」です。
今後何をしていけばいいかが分かっても、
今まで何をしてきたのか、何を約束しているのか全て把握できないと
ただ資料を渡すだけでは、何か起きた時にどうして問題がおきたのかが分かりません。
把握していれば、説明することもできるし対策も立てることができます。

引き継ぎ作業は、引き継ぐ方が今までのことを全て把握しないといけませんが
その受け渡しが良くないと流れが乱れてしまいます。

例えるならリレーのバトンです。
引き継ぐ方は、構えてしっかり受け取れるような体制を取っていても
バトンを渡すほうが、相手のことを考えずにバトンを渡すと
しっかり受け取れず落としてしまいます。
落ちたバトンを拾って走りだす、時間のロスになりますし
責任も「落とした」ことで受け取り側に課せられます。

その逆もまた然りです。
受け渡す方が、相手の手元にしっかり渡そうとしているのに、
引き継ぐ方は体制を整えてない、受け取りに来ようとしてないと
同じことが起こります。その場合は、自分で起こした問題で自分が責任を負います。

分かりにくい例えかもしれませんが、
お互いがお互いを思って引き継がなければ、流れは崩れていい方向には進まないということです。
残されたメンバーも元の状態に戻すため、より頑張らなければなりません。

残っている人のため、自分のためにも
「自分の持っているものは全て渡して伝えた」
「今後のためにも自分から聞いておく、疑問を残さない」

相手を思いやった行動で、気持ちよく仕事ができるように
今後していかなければならないな、と実感しました。
te.jpg

2016年5月11日(水)
集中力を持続するために


こんにちは。

制作担当のしもかわです。


大型連休が終わり、週の中日となりました。

連休明けに加えて雨や曇りの日が続いたからなのか、

昨日から今日に掛けて体調が崩れてしまいパソコン画面を見るだけでも辛い状態です。

それに伴い集中力も続かない...

というわけで、なるべく集中力を高めるための工夫を2つしていこうと思います。


・睡眠をできるだけ6時間以上とること


集中力を出すためには、脳のコンディションをベストにしておくことが大切なので

まずは、睡眠をしっかりととることを気を付けていきたいです。

以前は7時間以上の睡眠をとっていたのですが、

いつの間にか5時間以下の睡眠時間になっていたことに気が付きました。


目にクマができるのも、パソコン画面を見ると目が痛いのも、

睡眠時間が少なくなってしまっていたからなのでしょう。

今後は5分だけでも長く睡眠時間がとれるように気を付けていきたいところです。


・こまめに小休憩をとること


作業中、集中力が続いている時はずっと休憩を取らなくてもいいほどに頑張れるのですが、

急に集中力が切れてしまい、私の場合は何も手につかなくなるという状況に陥ることも少なくありません。

集中力が続いていた反動だから仕方がないのかな、と思ってしまいますが、

このまま集中できないままだと仕事にはなりませんので、

これからは5~10分程度の休憩をできるだけとって集中力の持続を心がけていきたいと思います。


頑張って集中しようとしても、集中力は出てこない上に、

頑張ろうとして頑張って体調を崩してしまっては元も子もないので、

今後は少しずつ自分を労わりながらも仕事の速度を保てるように努力をしていきます!


shimo.jpg


2016年5月10日(火)
あっという間に過ぎていくFの一日

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。


Fに身を置いていると、それが『普通のこと』と
思ってしまうようになる為、忘れがちなのですが
ふとした時に、日々過ぎるスピードの速さが
Fに入る前とはあまりにも違い過ぎる、と感じます。
本当にあっという間に過ぎていくのです。


日々こなしている業務は勿論、
デザイン業務に集中しているとき、
あれもしてこれもして、、やらなければならない事が
ぎゅぎゅっと一日の中に詰まっているとき
真剣に打ち込んでいると
あっという間に時間が経っていて
気付けば夜だった、なんて日もザラにあります。


以前の職場では「はやく時間、経たないかな。」と
考えていた事も。。あったような覚えがありますが
過ぎていく時間が惜しくて
今では非現実的ですが「時間よとまれ...。」とさえ思う時があります。


毎日が充実しているのだなあと思いますが
いかに限られた時間の中で
効率よく仕事を回していくかというのが
自分の中での今後の課題なので
うまく時間配分しながら
目標をもって取り組んでいきたいと思います。
DSC_0898.JPG

2016年5月 9日(月)
ブルーライトとの付き合い方を考える

こんにちは、成松です。
今日はゴールデンウィーク途中に気づいたこと、それについての対策と目標を書こうとおもいます。

先日のゴールデンウィーク、友達と緒方の原尻の滝へ行ってきました。
くだらない話をしながら田舎道を走っていくと
瑞々しい緑と山がたくさん見えてきます。
そこもずーっと走っていくとやっと見える緒方の山々と原尻の滝。

橋を渡って滝を眺めて、浅い川に足首までつかりながら遊んで、また滝を見ていると、目がすごく冴えていきました。
頭もクリアになって初めて、今まで頭が鈍っていたのに気づきました。
にぶっていたというか、惰性的にもやもやしている感じでした。
自然と戯れたからって、こんなにすっきりするのはおかしいなと思い
(なぜなら私が住んでいる所も十分田舎なので・・・)

昔はこんなんじゃなかったのになあと私が話していると、
友達もそうだったみたいで、なんでかなあ、とお互い顔を付き合わせた結果、
ブルーライトの浴びすぎじゃないか?ということになりました。

友達も私もデザイン職で、ずっとPCと向かい合っているし、
家に帰ったらスマホを当たっているしで、ブルーライトを浴びてない時間の方が短いです。
うすうす、悪いんだろうなぁ・・・とは思っていましたが
実際に調べてみたら、考えていたものよりだいぶ悪影響があるようでした。
視力はもちろん頭痛にも通じてしまうらしいです。

とはいってもPCが無いと仕事もままならないので、ブルーライトとは付き合っていかないとなりません。
長く働いていくためにも、改めて、いくつか対策を練ろうと思いました。
休憩は適度に取る、
緑をなるべく見る、
スマホはなるべくあたらない(これが一番つらい)
など・・・(お金に余裕ができたらブルーライト遮断するめがねを買いたい・・・)

同時にやっぱり運動不足なのも気になりました。
滝を上り下りする階段でだいぶ息が上がっていたからです。
このまま衰えていくと、最後にはいったいどうなるのか・・・

体が悪くなると、働くこともできなくなるので、大切にしないといけないです。
まだまだ未熟な私が体調問題で足を引っ張るわけにはいかないので、
ちょっとでも運動、帰ったらストレッチなどしていかなければいけない。IMG_3112.JPG

2016年5月 6日(金)
連休明けのF

こんにちは。たちばなです。


ゴールデンウィークですね。
Fは暦通り、3日休んで1日出勤、また3日休んで1日出勤、
そして2日休み、と、微妙に分断された連休です。
しかし計画してしっかりと楽しむことができました!
今日はみんなからのおみやげで溢れかえっていることだろうと若干わくわくしながら出勤したのですが、
手にしたのは私が持参した広島みやげのもみじ饅頭(残り)だけでした。


連休明け、ありがたいことにFは適度に忙しいです。
楽しかった連休を、まるでなかったことにしてくれるような張り詰め方な気がします!いい意味です。


もうこのブログにも何度も何度も書きましたが、Fに入社して時間が経つのがとてもはやいです。
もう2月!?と言っていたのがついこの前なのに、もう5月・・・・
時間が経つのがはやいと感じるのは、記憶が詳細ではないからだそうです。
脳が取り込むべき情報が少ないから記憶が詳細に残らない。
ということは色々新しいことに挑戦すべきなのです。
デザインやお客様対応など、「ある程度できる」ところで満足してはいけないということですね。


5月病などという言葉に踊らされないよう、楽しんだ後は更に気を引き締めて頑張るとともに、
プライベートもあきらめることなく新しい楽しさや美味しさを積極的に発見したいと思います!

連休の思い出

2016年5月 6日(金)
人を信じるで変わる未来-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

人を信じるで変わる未来結果

私たちがお金をもらうということは、
技術者が知恵を使って仕事をする事だと考えます。

お金を払う側も、素人にお金を払うのか、
技術者にお金を払うのかを見極める事が重要なのも確かですが、

「人を信頼する」で、
人生の成功加減も変わってくると感じています。

10年間会社をしてきて、
「自分の意見を主張する人」の多くが大失敗をしています。

最初は皆さんが素人であり、素人からプロになるために、
失敗を何度もやり尽くしたからこそお金をもらうわけです。

人を信頼せずに、
自分の意見を主張する人に限り、
責任を取る気がない傾向にあります。

素人だからわからなかった。
最後にはお金を払ってるんだから。という言い訳をしてきます。

非常にもったいないと感じます。

わざわざプロが何度も失敗した方法なのに、
自分の方法が1番と思い込む。

その結果は確実に残念な結果になります。

その反対にお互いの意見を聞いて、
擦り合わせた結果には非常に良い結果になります。

しかし、
プロは結果しか問われませんので、
最後に結果を出さなければいけません。

お金をもらった以上。責任があります。

この流れを考えていくと、
私達の説明が足りてないとつくづく思います。

世の中は説明不足や一辺倒な情報が多く、
染められて知恵を学ばない方が多くいます。

非常にもったいないことです。

1度失敗したものは、
人間は伝承しないといけない。
人類は伝えるという武器を持っています。

この事を忘れている人も多くいます。

例えば、会社の組織の中で、

社長がいるということは、
伝承ができていないということで、
恥ずかしいことだと私自身考えています。

社長のやり方を伝えれば、売上が大きく上がります。

そして、広告費を抑えることができます。

社長の時間が空き、多くの方の幸せを作れる。

売上が安定したら、次の新しい安定した売上ができる。

「階段で上りジャンプをしなくて済みます。」

売上が安定してくると、
人の雇用を安心してできるようになります。

人が定着すると、
伝承できる人数が増えます。

伝承できるレベルも上がると、
新しい売上が勝手にできてきます。

人の安定と売上げの安定。
これを制すれば、「安定した経営と安定した利益」につながります。

人類は1万5000年も前から進歩を繰り返してますので、
伝えることに重きをおいて、
過去の失敗は自分ではしないようにする事が本来の生活だと思います。

人を信じてみるという事は大きな成功の一歩だと考えます。

参考にして頂けると幸いです。

何か気づきがあればご連絡を頂けると嬉しいです。

2016-05-06 11.12.04.jpg

2016年5月 5日(木)
Fのスタッフの知識力

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
新人スタッフが多くなってきたのもあり、スタッフに納品チェックについて講座をしました。
弊社ではホームページの構築が完了すると納品チェックを行います。
誤字・脱字や各ブラウザでの表示確認はもちろんですがSEO対策やホームページの運営について
納品完了時にはご案内するのでただチェックすれば良いというものではありません。
グーグルのアナリティクスを設置したりウェブマスターツールからサイトマップの作成・送信を行うので
お客様から「見方を教えて」「これはどんなツール?」など質問があることが多々です。
ですのでその際に受け答えができるよう知識をつけておく必要があります。

ニュースレター3枚目 先月入社した新人さんが「スタッフ全員がアナリティクスや
ウェブマスターをみれるのはすごい」と言っていました。
前の会社さんでは詳しい担当スタッフが他のスタッフやお客さんに見方を教えていたそうですが。
Fは営業がいないため、制作から公開後の運営もすべて担当スタッフが対応しています。
中にはお客様のほうが知識が豊富で対応の中で色々な情報を教えて頂くこともあり、大変勉強になります。
またお客様からの質問に最善を尽くすため調べ物をしたり実際に作業してみて自分で確認したりと日々スキルアップに励んでいます。
他にも弊社は様々な専門知識をもったスタッフがいますので
お困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。
詳しくは今月のニュースレターに記載していますのでよろしければ読んでみてください。

2016-5月 ニュースレター82号

2016年5月 4日(水)
ルールを守ることが迷惑をかけないことにつながる

人に迷惑をかけない


お疲れ様です。ホームページ制作Fの小島です。


GWの中日である5月2日は対応に追われてしまい
本来するべき仕事がまったく進まない日となってしまいました。


その理由としては、会社で作ったルールを守っていなかった事にあります。
日々の仕事が忙しくなるとその場しのぎの対応をしてしまうことがありました。
それが積み重なると、ある日お客様の怒りに変わりそれが自分へと降ってきます。


対応に追われてしまう理由①


お客様からいただいた更新などの仕事をいつまでにやるのか明確にしていませんでした。
これがどうなるのかというと、いつまでに対応をしてくれるのかわからないので、
お客様は不安になり、それが積み重なると怒りに変わり連絡をしてきます。


そうなると、その日のうちに対応していかないと、不信感は取れませんので、
対応に追われる形で本来の仕事を進めることができなくなります。


または、お金を請求することができた仕事であっても、
追われる対応になるとそれもできなくなり自分の首を締めることにつながります。


あとは、対応ごとなどは電話ではもらわずにメールでのやり取りを徹底して、
言った言わないといういざこざを無くすために記録として残すことも必要です。


●対応日時は明確に決める
●電話ではなくメールでもらい記録に残す


対応に追われてしまう理由②


見積りをした後は直ぐに電話をかけて誤解させないようにする。
特に金額など大きくなった時や、最初に提示した見積りから変わった時など、
お客様が誤解しないようにしっかりと説明することが必要になります。


電話だけではなくまずはメールにてしっかりと説明します。
その時には、まずは無料で対応できることがないのか、
無料ではなくても低価格で代わりのものはないのかなどを先に提示することで、
「お金をかけないとこの問題は解決しないのか」といったような誤解を与えなくて済みます。


●まずは無料で代りの対応ができないか提示する
●見積りの後は電話する


対応に追われてしまう理由③


①ともつながってくるのですが、報告を怠ってしまうと
相手にどれだけ仕事が進んでいるのか伝わらないので、
それが不安につながりクレームへとなっていきます。


これは私もまだ出来ていない部分が多いのですが、
定期的な報告や状況の確認、仕事の進捗具合など、
お客様とも共有することで、お客様も不安は少なくなります。


●現状の報告をする
●放置しない


5月2日に対応に追われて改めてルールの大切さを感じることができました。
ルールを守ることで社員、会社、お客様に迷惑をかけずに仕事をしていけます。


Fの社風「人に迷惑をかけない」の意味を理解できた瞬間でもありました。


2016年5月 3日(火)
想いを文章にする

こんにちは。ホームページ制作Fのすえまつです。
今日からGW突入です。10連休中という方もいらっしゃるのでしょうか。
若干空模様が心配ですが、明日・明後日は絶好の行楽日和となりそうです!


今日は議事録について書いてみようと思います。
弊社では、お客様とスカイプを使ってテレビ電話をする際、議事録を作成します。
長い時には2時間ほどある会議の内容を、分かりやすくまとめお客様に提出します。
会議中はひたすらメモ、メモ、メモ、メモ、メモ、メモ、メモ・・・・。
とにかく聞いた内容を忘れないようにひたすら紙に書き留めます。


会議の中でお客様の仕事や会社に対する色々な想いを聞くのですが、
本当に色々な職種がありそれぞれに熱い想いがあるので、とても勉強になります。
文章にまとめる際は、ちょっとした言葉の違いでもニュアンスが変わってきてしまうのでとても悩みます。
誰が見ても分かりやすく、内容も薄くならないような文章を作るにはとても根気がいります。作家さんってすごいと毎回思います。先輩方の手を借りながら作成するのがやっとです。
伝えたいことを誰が見ても分かりやすく伝えられるような文章を書けるように精進していきます。

議事録

2016年5月 2日(月)
昨日の自分よりも一歩前進する

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
Fでは、毎日を振り返る残業ノートなるものが存在します。
これには、その日悪いと思ったこと、どうすれば回避できたか、人に対しての感謝の一言など、
一日の振り返りを記入します。

このノートは反省をするだけでなく、改善策やどうすればもっと良い対応が出来ていたかなど、
次に繋がる事を自分なりに考えて書くことがとても優れている点だと思います。

このノートは一週間分を書いたら、全職員間で回し共通理解をします。
こうすることにより、また、同じ失敗をする人を出さないようにしています。

また、他の人は自由にコメントを書いて良いです。
書いてくれた何気ない一言が励みになったりしますので、
とても良い影響があると思います。

みなさんもぜひ一日の振り返りを付けてみるとどうでしょうか!
残業ノート

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容