個別記事のページです

2016年4月13日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

説明をすることについて考える


こんにちは。
制作のしもかわです。


季節はすっかり春になり、
だんだん暑い夏が近づいてくると思うと少しだけ憂鬱です。


先月から今月にかけて、新人さんもたくさん入社し、
少しずつ先輩として、人に物事を上手に教える事にも
なれなければならないなと、反省することも増えました。


自分なりに調べてみたところ、「教え上手」の人は


・物腰が柔らかく
・説明のポイントが明確
・教えてもらう相手の立場を考える
・何がわかっていないかを把握して説明する


などの項目が出てきました。


物腰柔らかく、丁寧に説明してくれると
こちらもわからないことを質問しやすいですし、
なにより教えてもらった仕事を頑張ろう!
と思えます。


私の場合、物腰などは置いておいて
的確な説明がきちんとできているのかと少々不安に思うところがあります。


例えば文章を書くときに、書いているときは気持ちを入れて書いている。
と言う事は自分でもわかるのですが、時間をおいて
「あの時はどんなことを考えながら書いていたのだろう?」と思い返した時、


「とりあえず気合い?」


というものすごく曖昧で何とも説得力のない回答が自分の頭の中に出てきました。
気合いで物事をどうにかしようというタイプではないと思っているのですが、
心のどこかにそう言う気持ちがあって、そうやって作業をしているのかな?
これじゃあ上手な説明も教え方もできないな、と自分を省みました。


文章机


文章を書いている時の自分をゆっくり思い出していくと、
その時は自分がとても集中しているような気がします。


こんな言葉を使ってみよう
この言い回しをした方が伝わりやすいし、
やさしい表現にできる


そんなことを考えながら文章を考えていました。


文章を書きなさいと言われて、自分の気持ちが追いついていないと
一文も書くことができないなんてこともざらにあります。


それほど文章を書くときには集中しているのだと、
このブログを書きながら改めて自分を知ることができました。


そして文章を書くためには「気合い」と一言で終わらせることをせずに、
その気合いの中には何が入っているのかを自分の中で整理をして、
相手に伝えることが大切だと気が付きました。


初めはうまく説明できずとも、相手が自分が教えたことを理解してくれて、
ありがとうと喜んでくれることはとても嬉しいです。


そのことを念頭に置いて、何とか上手な説明ができるように自分の仕事のやり方をきちんと整理し、
先輩方の上手な仕事の仕方も見て学習しながらしっかり頭の中で考えをまとめた後で、
わかりやすい説明を心がけていきたいです。


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ