個別記事のページです

2016年3月16日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

売れるを作るためにとことん調べて改良する


こんにちは、ホームページ制作Fしもかわです。

昨日はまるいさんがFで取り組んでいる集客の仕組みについてご紹介をしました。

今日はホームページを公開した後、
なかなか集客をすることができなかった時に
取り組んだホームページの改良についてご紹介します。


新しいホームページを制作したからと言ってすぐに売り上げが上がるわけではなく、
リニューアルをして、90日もの間ホームページからの
お問い合わせがなかった前代未聞の出来事もありました。


しかし失敗は大きな成功への兆し、弊社で徹底的に解析、改善を行い、
売れないから売れるホームページへとしっかりと成長させることができました。
毎月発行している弊社のニュースレターでも紹介していますが、
売れるを作り出す戦略である「A/Bテスト」も行いました。

ABtest.jpg

このように、上記のニュースレターの歯科医院の場合は
周りに合わせた配色・リンクとして目立つ配色
との二つでは、周りに合わせた配色のサイトの方が
トップページからの直帰率が低く、Aのサイトの方が売れやすい結果となりました。
このテストを行ったことにより、効果的にホームページを改善することができました。
また、グーグルアナリティクスで徹底的に分析をすることによって


「どんなキーワードで来たのか」
「どの地域から検索しているのか」
「どのページで帰ったのか」
など、様々な角度から分析し、一つ一つの売れる手がかりを
拾い上げ、それらすべてをかけ合わせることで
最適なリニューアルが可能となり、新規来院が来る結果となりました。


このように、誰の目から見ても素晴らしいと思えるホームページが出来上がっても、
公開後すぐに結果が出ないこともあります。
毎日、日々進化しているネット社会で、売れるをつくりだすホームページを完成させるためには、
完成して公開したら終わりではなく、出来上がったホームページが売れる結果を
しっかり出してくれるまで、とことん調べ、改良していくことが大切です。


結果が出ないからと言って、そのまま放置しておくことはしません。
結果が出るまでとことん付き合い、とことんやる。
私たちFができること全てを注ぎ込み、他にない大切なホームページへと育て上げています。



書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ