個別記事のページです

2016年3月13日(日)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが突き止め成果を出す社内環境とは

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

より生産性が上がり、
より良い会社となるためにはどうすれば良いのか。
Googleが3年間かけて自社内で調査をしました。

たとえば同じく生産性の高いチームなのに、
「社外でも仲良く付き合う友達同士」
正反対に「まともに会話するのは会議室の中だけ」

強いリーダーのもとに階層的な人間関係を築いていたのに対し、
フラットな人間関係を敷いていた。

上記の生産性に、ほとんど違いは見られなかった。

「暗黙のルール」「行動規準」「チーム・カルチャー」で
指標を測ったが目立ったパターンの違いはなかった。
数百に上るチームが各々従う規範を観察したが、
そこから成功するチームに共通するパターンを見出すことはできなかった。

それどころか、同じく生産性の高いチームなのに、全く正反対の規範に従っているケースも珍しくなかったという。

では何が決め手だったのかというと、
「本来の自分」でいられる職場を作ることが1番の効率が上がることに辿り着いた。

私達の会社Fは最初から自分らしさというものをずっと考えさせて仕事をさせている。
その結果、みんなが気持ちよく働き続けている。

愚痴のない会社=意見の言いやすい会社=働きやすい会社組織。

人類は 何百年も前から人を使って来ているのに、
なぜ今さらそのことに気がつくのか、
最新の科学を持ちいなくても分かることだと思う。

社会での人の扱い方にはかなり遅れている。

幸せであれば幸せにできる。
自分が幸せでなければ人も幸せにできない。

上司や経営者。
上に立つものはその幸せを独り占めすることもできる。

幸せを回していけば、
自ずと帰ってくる幸せがある。

仕事だから我慢をしなければいけない。
この我慢をさせることに意味があるのか。
メリットとなるのか。

とはいえ、
自分らしく生きていくためには正直勇気が入ります。

ワガママと思われないかな。
自分が我慢していたほうが波風が怒らないな。

そのためには、
会社としてのルール(仕組み)が重要となります。
ワガママと思われない発言と自分らしく生きていくための仕組みを作り。

スタッフ全員が自分のために生きていく会社経営が、
大きな発展と安定する会社になると感じております。

経営者は多くの方を幸せに出来る。
幸せにしただけ自分も幸せになる。

優秀な社員が良いわけではない。
より良い土壌が良い環境を生むことがわかって嬉しい限りです。

いつもお読み頂きありがとうございます。
少しでもお役に立てれば幸いです。

4作目も良い内容と声を頂いております。
https://www.web-f.net/amazonkyan2/

2016-03-13 11.29.02.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ