個別記事のページです

2016年3月23日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイスブック広告に広告費1日8万円かけて感じたこと

160324_facebook.jpg
こんにちは!ホームページ制作Fのこじまです。
最近はお客様のフェイスブック広告を運営することが多くなってきました。
フェイスブック広告の良い点はクリック単価が安いことにあると思いますが、
それ以上に潜在意識に向けて広告が打てるという所が結構重要だったりします。

ここが、アドワーズ広告やリスティング広告と少し違い、
フェイスブック広告にはあまり即効性はありません。

広告を通じて徐々に広まっていき、
3ヶ月後とか4ヶ月後にポツポツとお問い合わせに繋がってくるような感じです。

なので多くの方に情報を発信するという意味では、
フェイスブック広告は強力な武器になるのではと思います。
広く浅くというのがフェイスブック広告ですかね。

そんなフェイスブック広告ですが、
少し前になりますがFでも広告を出しておりました。

最初は数千円から始め、徐々に1万2万とかけていき、
最大で1日8万円の広告費を使うことになりました。
助成金の関係で期日が決められていたということもありますが、
1日8万円もの広告費を使うという経験は後にも先にもないのではと思います。

その効果もあってか、200円払ってでも伝えたいことがある。のメルマガ登録者数が増え、
ホームページ制作のお問い合わせも急激に増えておりました。
あれで結構Fという会社の認知度は上がったのではないかと思います。

そして、フェイスブック広告に広告費1日8万円かけて一番感じたことは、
当たり前ですが怖さです。

広告費をかけている分、それ以上の対価を得られないと意味がありません。
意味が全く無いわけではないですが、結果として出ないと続けていくことはできません。
ただ、広告費をかけた分反応がでるのが早いので、その反応をみる楽しさはありました。
広告文ひとつで反応は全く違ってきます。
いいねされたりシェアされたり、コメントされたりするとやはり嬉しいです。
フェイスブックは実名で登録されているので、
間近に人とのつながりを感じることができます。

世界中の人と簡単につながれるという意味では、
フェイスブックはビジネスに欠かせないものなのかもしれません。
もちろんむやみやたらに発信しても意味がなく、
フェイスブックではターゲットも細かく設定できるので、
こんな人のこんな悩みを解決して喜んでもらいたい役に立ちたい
という想いで情報発信していければと思います。

まだまだ使い切れていないですが、
実践で試行錯誤を重ねながら精進していきます!

本日は以上です。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ