個別記事のページです

2016年2月19日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

攻めと守りができていなければいつまで経っても

少しきわどい内容を書きます。
先月仲の良い年収6000万の方とお会いしました。

多角経営をして、
売上をもっと伸ばさないといけない。

中々休みがなくとてつもなく頑張っている方でした。

6000万ですとアバウトな計算で行きますが、
3000万円は税金で持って行かれます。

それから、
予定納税が1000万円くらい来ます。

最高税率を体験したことがあるのですが、
死ぬかと思いました。

多く稼いで払うものは払う。
日本経済にはとても良い考えです。

賛成です。

しかし、多角経営はリスクが生じてしまいます。
また、税金を払っても良いのですが、

来年会社がなければ、
困るのは自分となります。

路頭に迷うと自分は惨めになります。

まずは、自分自身の生活の保証ができてから、
経営を攻めに変えるほうが私は良いと考えます。

銀座で100万円使った。
それも良いと思うのですが、
その100万円は稼いだお金でしょうが、
銀行からまだ借りているのではないでしょうか。

借金したお金で遊ぶ。
これでは人生の幸せの価値をだいぶ減らしていると感じます。

ムヒカ大統領のスピーチをご存知でしょうか。

欲の欲は何も残らないと説いています。

売上を減らせということではありません。
稼いだお金のリスクを回避していくことをお勧めします。

本当かどうかわかりませんが、
日本の大企業は、税金を払っていないと報道されています。

売れるためには、仕組みがあります。
稼いだ税金に関しても、大きな節税の仕組みがあります。

売上を伸ばしても残らなければ、
お客様にも還元ができません。

自分がまずは助からなければ、
多くのスタッフやお客様を幸せにすることができません。

伸びた売上に関しての守る方法も、
色々とお伝えしております。

中も外も攻めてから、
幸せな経営をしていくことが1番長く企業が存続できて、
日本のためになるのではないのかと感じております。

収入の少なさを売上でカバーするのではなく、
知恵を使ってカバーしていくともっと良い仕事ができると考えております。

いつもお読み頂きありがとうございます。
少しでもお役に立てれば幸いです。

望月の近況です。
昨日は岐阜に日帰り出張をしてきました。

2016-02-19 18.22.53.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ