個別記事のページです

2016年2月29日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

打ち合わせのためにお客様がFまで来てくれる

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。

近頃、Fのお客様が気軽に事務所のある大分まで訪ねてきてくれます。
「ちょっと相談があるんだけど、明日そっちに行っていい?」
「ここのアドバイスが欲しいから大分に行くね!」
「うちの社員に教育をして欲しい!」
という既存のお客様の有り難いご相談から、
新規のお客様も、Fという会社を知ってほしいから
という気持ちで来て頂いています。
こんな九州の片田舎にある会社ですが、
ほとんどの方が一つ返事でいらっしゃってくれます。

普通ですと、業者の方から伺うと思います。それが当たり前です。
Fも半年以上前までは、望月がお客様の元に伺っていて、
お客様の方から来てもらうということは、ほとんどありませんでした。
それが急にバンバンと来てくれる。
社員ながら、本当に不思議な会社だと思います。

新規のお客様がFにいらっしゃる時には、まずはご自分の気持ちを文章にして頂きます。
「この仕事をなぜしているのか」
「売れてどうしたいのか」
「誇れる事を書いてください」
という会社の事から、
「お客様をどうしたいのか」
「自分の嫌な所を書き出してください」
といった個人の意識的な所まで、非常に深いレベルで書いて頂きます。

ほとんどの方が非常に苦労されます。
100人企業の社長でも思いを文章にするのは大変な時間が掛かります。
さらに、望月からの容赦無いダメ出し。OKが出るまで何回もやり直す。
デザインと一緒ですね!

何回もやり直すと、良い文章が出来てきます。
みなさん、どこかでは分かっている事、気持ちの中ではわかっている事なので、
望月のアドバイスでゴールまでたどり着きます。
自分の中の思いを文章という形にすることで、
改めてこの仕事の素晴らしさや、
自分の会社の誇れる事を見つける事ができます。
トップである社長が気付く事で、社員にも教えてあげる事ができます。

ホームページは文章9:デザイン1とFでは考えています。
想いのこもった文章を載せることで、社外だけでなく社内の統制もできるのです。
内部が綺麗になっていけば、自ずと社外にも溢れていきます。
自分の幸せなくして、他人の幸せなどありません。

これもほんの一例で、お客様には様々な質問をします。
様々な気付きを得られるから、Fにお客様が来てくれるのだと感じます。

来てくれるお客様はみなさん満足して帰っていきます。
「また来月来てもいいかな?」
「今度は社員を連れてきます!」
というお声も掛けてくれます。

そんなお客様のお声を直に感じて、
この会社に入って良かったな、自分が誇れる会社だなと
思いながら仕事に励んでいます!
打ち合わせのためにお客様が来てくれる

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ