個別記事のページです

2015年12月 4日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

白地の背景をIllustratorで簡単に透過する

写真の切り抜きはIllustratorではなく、Photoshopで行なうのが定番だと思います。
でも仮置きの際や小さいものの時、Photoshopを通して切り抜きを行い、
jpgファイルをpngファイルに変換するのは結構骨が折れるものです。
※わかりやすく背景をグレーにしています。

PC0001.jpg

このまま下に見出しを敷きたい時、そのまま敷くともちろん、
PC0002.jpg
こうなります。背景が白いから当然ですよね。
そういう時は、画像を選択し、アピアランスパネルで透明度の種類を通常から、「比較(暗)」に変更します。
PC0004.png

そうすると、白い部分が透過されます!
PC0003.jpg
↓特に薄い単色の背景の時、とても重宝します!
PC0005.jpg
真っ黒ではない分、少し下に敷いたものが透けていますが小さい箇所や、仮置きの部分には十分使えると思います。
しかし、背景だけでなく画像の中の白い部分全て透過してしまいますのでご注意ください。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ