個別記事のページです

2015年10月13日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を見る人に合わせてデザインして訴求力を高める

デザインを行う上で見る人に合わせて言語を選択する事は
訴求力を高める上で大切なポイントの一つであると考えます。
英語を使ったデザインは格好良く見えますが
ホームページを見ている方が日本人であれば、日本語で作成したほうが
内容が直感的にわかる為、離脱率が少なくなります。
例えば会社概要をABOUT USなどに変換する事もよく見ますが、直感的に分かるのは、日本語になります。
メニュー.PNG
このように英語のデザインをすると、簡単にかっこよくなります。
しかし、ターゲットによっては意味がわからなかったり、読みづらいなど、逆効果になります。
これでは訴求力は上がりません。
メニュ02.PNG
メニューを日本語に直しアイコンを取り入れました。
わかりやすさと親しみやすさを求めたデザインになりました!
英語を使わずにブランド力の向上をすることができ、かっこよいデザインも作ることが出来ます。
こちらの方が訴求力が上がり、売れるに近づきます。
是非お試し下さい!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ