個別記事のページです

2015年10月 2日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを充実させることで求人活動が楽になります。

最近は就職活動をされている方が会社の情報を得たり、
雰囲気を確認するためにホームページを見に来るということが多くなっています。


また、口コミサイトや2chで悪く書かれている会社様であれば、
見る側はそちらの情報を真に受けてしまいます。


その悪い情報を払拭しなければ、新しい社員が目を輝かせて入ることはありません。
そのためには、採用担当者が多くの労力と費用をかける必要が出てきます。


良くも悪くも情報が溢れている現代では、
誰が書いたかわからない信ぴょう性の薄い情報でも、
時として大きな影響力を持ちます。


それを跳ね返すためには
実際の事実を書きながら言い訳をしていくことです。


例えば「残業が多い」と書いてしまうと大変そうだなという印象を与えますが、
「仕事がたくさんある」と書くと、儲かっている元気な会社という印象になります。
また、勤続年数の長い社員の言葉を掲載したり、企業の歴史を感じさせることで、
信用度を上げていったり、
自社の悪かったことや、今ではこのように改善したなど、
現在進行形で良くなっているということをアピールすることで、
昔はそうだったけれど、今は違う部分がある。
そうすると、どちらかを信じるとなると、会社の内容を信じてくれるようになります。


弊社でも下記のようなページを作成しています。


https://www.web-f.net/saiyou.html


このページができてから、働いているスタッフが自分たちはすごい!と思えるようになりました。


そして、弊社に求人の応募をされる方々も
このページを見た上で応募されるので、
ここで働きたい!という意欲が以前とは段違いにあがりました。


また、弊社の社風にあわない方の応募も本当に少なくなり、
面接の時間と書類選考の時間が減りました。


サイト全体で等身大の御社の素晴らしさを伝えていくことで
優秀な人材の確保がかなり変わってきます。
働いてる人も自信がつき、こんなに良い会社は中々無いと思われて、
離職率も減るとても良いブランド力が付きます。


面接に来た人の話をスタッフが聞くと、
さらに既存のスタッフもやる気になるような素晴らしいスパイラルが起きています。

採用ページの画像

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ