個別記事のページです

2015年9月30日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページに出す文章が変わるとデザインも変わる

ホームページを作る上で大切になるのが文章です。

どんな文章をホームページに出すのかによって、デザインがガラッと変わってきます。
独自性のない、誰にでも言えるような文章だと、他のホームページとの差別化はできません。

では、どのような文章をホームページに出していけば良いのでしょうか。

それは、あなたが今まで経験してきたこと、お客様のために続けてきたこと、
お客様のためにできることは何なのか、一番大切にしていることは何なのか、
何を一番考えて仕事をしてきたのか、何でその商品なのかサービスなのか、
あなたの会社が目指しているものは何なのかなど、
過去経験してきたことを振り返り、それをホームページに出していくことで、
あなたオリジナルのホームページが出来上がります。

それが出来れば誰にも真似することが出来ないホームページになります。
ホームページに出すべきことは、商品の特徴や会社の情報などではありません。
もちろんそれも出していくのですが、一番大切なことはあなた自身をホームページに出すことです。

そのためにも、あなた自身が真剣に考え、ホームページに出していく文章を書いていかないといけません。
文章を書くのが苦手、うまく文章が書けないなど、最初は苦手意識を持ったお客様も沢山見てきました。

ただ、うまく文章を書こうとする必要は全然なく、小学生でも分かるように、
簡単な言葉でいつもお客様と話していることを書いていけば、見ている方に伝わる文章になっていきます。

ホームページは文章から始まります。
デザインがカッコいい、キレイなだけでは、
ライバルのホームページに埋もれていくだけです。

文章を書くことを、業者に丸投げしている方、
HTMLなど技術的な知識があるだけでホームページの担当を決めている方、
それでは誰にも伝わらない、見向きもされないホームページになってしまいます。

一つの例として、リニューアル前後のホームページをお見せいたします。
ホームページに出す文章で、デザインがガラッと変わるということが分かっていただけるのではないかと思います。
文章を書くということを軽視せずに、しっかりと過去を見つめなおし、自分自身のことを書いてみませんか?

ビフォー・アフター






書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ