個別記事のページです

2015年9月 2日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

伝わる文章について少し考えてみました

伝わる文章の書き方

自分のことを全く知らない人に、
今日の出来事を文章だけで伝えるためには、
もうできる限り具体的に書くしかないと思います。


相手は何も知らないので、
そこまで書かなくていいだろうというところまで
具体的にその時の背景をその時感じたことや、
見たもの、そこにあったもの、学んだことを
出来事の流れを意識しながら書くことで、
読んだ方は頭のなかでそれをイメージできるようになります。


基本的に書いていないことは伝わらないので、
相手に伝えるために具体的に書くことが大切だと思います。


例えば、今日海で泳いだ。
これだけでは海で泳いだことしか伝わりません。


何故海で泳ぐことになったのか?を加えると。
お盆休みで実家に帰った時に、近くに海水浴場があるから天気も良かったので、
子どもたちを連れて海に泳ぎに行きました。


どんな海なの?を加えると。
実家の周りは海で囲まれている島なので、実家に帰った時ぐらい子どもたちと一緒に海水浴場で遊ぶことにしました。
家から車で3分ほどのところにきれいに整備された海水浴場があります。
さらさらの白い砂浜で、ごみや大きな石もない、子どもたちを連れて行くのも安心できます。
夕方になると人が少なくなるので、そこを狙って子どもたちと一緒に水着に着替え車で向かいました。
その日は天気も良かったので、海もちょうどいい温度で泳ぐにはベストな状態です。
早速、車を降りたら裸足になり、子どもたちと走って海に向かいました。


いかがでしょうか。
具体的に書けば書くほどその時の背景をイメージできるようになったと思います。

次は、文章にそのときの感情や思ったことを入れるとどう変わるのか?
について書いてみようと思います。


この続きは再来週のブログ記事で!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ