個別記事のページです

2015年8月13日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorで作る簡単リボン

今回は意外と簡単に作れるリボンをご紹介します。



まず、ペンツールで好きな形の線を書きます。

この時、線幅は1px。グレースケール:20%で、塗りはなしです。

08121.jpg

効果>3D>押し出し・ベベル で幅をつけます。立方体をぐるんと回して、好きな角度を選んでください。

押し出しの奥行きがリボンの幅になります。

一番下の 表面:陰影なしにしたらOKです

08122.png

08123.png

オブジェクトメニューから アピアランスの分割を選択して、3Dの効果をパスに変更します。

グループ解除繰り返して、それぞれのパーツをばらします。

08124.png

不要な部分は消して、ズレた部分を拡大して合わせていきます。

08125.png

次に、リボンに色をつけていきます。

お好きな色のグラデーションを濃い色と薄い色の交互で作成。

08126.png

色が決まれば、それぞれの角度に合わせて微調整をしていきます。

グラデーションツールを選択し、始点から終点へドラッグして変更します。

08127.png

そして、影になる部分は、グラアデーションの塗りに、アピアランスパレットで新規塗りを追加し、

20%のグレースケールを描画モード:乗算で重ねます。 色を変更するときに楽です。

08128.png

後は、リボンの端っこをアンカーポイントを追加して加工したら出来上がりです。

08129.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ