個別記事のページです

2015年4月 2日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Movable Typeでカテゴリーを限定してコンテンツを表示させる方法色々

Movable Typeでは記事にカテゴリーを付けて様々な条件を指定してコンテンツを表示させることができます。
今回は、その中でも特に覚えておくと便利な方法をご紹介致します。

今回は以下のようなカテゴリーを用意しているという事にします。
MTのカテゴリ作成例 メインになる大カテゴリーに「ブログ」と「お知らせ」を作成し、「ブログ」カテゴリーの中に
更に「店長ブログ」「スタッフ太郎」「スタッフ花子」というサブカテゴリーを作成します。


大カテゴリに属している記事を表示する

まずはMovable Typeを始めて早い内からお世話になるであろうこの方法。

特定のカテゴリーに属している記事だけを表示させたページを作りたい!ということがよくあります。

サイトのトップページにお知らせ欄を作成し、「お知らせ」カテゴリーを付けた新着記事を表示させる
という方法もよく見かけると思います。

そこで、「お知らせ」カテゴリーを設定している記事だけを
出力する場合は、以下のように記述すればOKです。

<MTEntries category="お知らせ"> この中に表示させたいコンテンツを記述 </MTEntries>



大カテゴリーの指定が無いサブカテゴリーの記事を表示する

次に、とりあえず大カテゴリ「ブログ」の中にあるサブカテゴリ
「店長ブログ」「スタッフ太郎」「スタッフ花子」の記事を全部表示させたいとします。

ちなみに「店長ブログ」「スタッフ太郎」「スタッフ花子」の記事は
大カテゴリ「ブログ」は選択されていない状態で投稿されているとします。

この場合、大カテゴリに所属するサブカテゴリーの記事を全部表示させる、という以下の方法を使います。

<MTEntriesWithSubCategories category="ブログ">
この中に表示させたいコンテンツを記述
</MTEntriesWithSubCategories>


これで、「ブログ」カテゴリーの中にある「店長ブログ」「スタッフ太郎」「スタッフ花子」の記事
全てを表示させることができます。

この方法だと、今後「ブログ」カテゴリの中に「スタッフ一郎」「スタッフ佳子」など
サブカテゴリが増えた時も便利です。


「ブログ」を表示させたいなら「店長ブログ」を投稿する時に大カテゴリ「ブログ」も一緒に選択して

<MTEntries category="ブログ"> この中に表示させたいコンテンツを記述 </MTEntries>


の記述すれば良いでしょ。という方法もありますが、
ブログを投稿する度に複数のカテゴリを選択するのはちょっと手間と感じる場合は
MTEntriesWithSubCategoriesでの絞込がお勧めです。


特定のサブカテゴリーに属している記事だけを表示する

最後に、サブカテゴリー「店長ブログ」の記事だけを表示させたいとします。

この場合、大カテゴリ「ブログ」内にあるサブカテゴリ「店長ブログ」を表示するという
指定になりますので、コードは以下のとおり記述します。

<MTEntriesWithSubCategories category="ブログ/店長ブログ">
この中に表示させたいコンテンツを記述
</MTEntriesWithSubCategories>


サブカテゴリーだと<MTEntries category="※カテゴリー※"></MTEntries>が使えないので、
この記述を覚えていると大変便利です!


Movable Typeのカテゴリーを駆使してサイトを作成したい方は、是非お試しください。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ