個別記事のページです

2015年4月17日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorで図形の小数点を消す方法

Illustratorで画像や図形を配置すると、サイズや軸の数値に小数が入ってしまう事があります。
少数が残ってしまうと、コーディングの時に、綺麗に書き出せないため、
整数にする必要があります。
ほとんどの場合は、手打ちで少数を消して整数にできるのですが、
状況によって少数が残ってしまう場合があります。
小数点付き画像
一見、普通の見出しですが、よく見ると...
小数点付き
小数点が残ってしまっています。
手打ちで整数にしようとするのですが、元にもどってしまいます。

実は、四角形の外線に問題がありました。
20150417_3.jpg
線ダイアログの「線の位置」をご覧ください。
デフォルトでは「線を中央に揃える」になっています。

「線を内側に揃える」か「線を外側に揃える」にします。
20150417_4.jpg
これで整数に変える事が出来ました。

コーディングを含めたデータをIllustratorで作るときは
整数にするように出来るだけ心がけましょう!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ