個別記事のページです

2015年3月24日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真をスライドで見せる場合のスライドデザイン

多くの写真を大きさを損なわないまま見てもらいたい時には
縦や横に写真を配置しただけではとてもページが間延びしてしまうのでスライド機能を使うと思います。

スライド部分の見せ方はよく見かけるもの以外にもいろいろな出し方がありますので弊社の実績から一部を紹介します。

枚数分の黒丸でスライドであることを表現

よくある、写真下部の黒丸と左右への矢印で切り替えるタイプです。 同じようなシーンを複数枚スライドする時などに適しています。 黒丸のスライド

左右の矢印のみで表現

実績など、数が多いことをアピールしたい、一覧ページに誘導したい、などという 場合は枚数(件数)を示す黒丸などのサインはない方が効果的です。

「こんなにたくさんある、実績のページに行ってみよう!」と思って貰えれば成功です!
左右だけのスライド

文字をクリックしたら該当の写真が出現

写真の場面を文字で説明しているパターンです。これは写真だけを見ていても、 チラッと文字を見たら自分が何の写真を見ているかもわかります。

写真自体に文字を入れても悪くないのですが、見たい場面をクリックして写真を見れるという
楽しさもありますので、場面を名称で表せれる場合は面白いかもしれません。
文字クリック式のスライド

見たい写真(図)をクリックしたらスライドで詳細が出現

家など、まず外観から選べる場合はサムネイル写真を用意するとわかりやすいです。 思い切って左右のボタンも付けず、時間経過のスクロールもせずサムネイル写真の クリックだけでスライドします。 クリックしたら詳細が見れるので、なんだか一個見たら全部見たくなります! サムネイルクリックでスライド

以上、ホームページの動きの基本?であるスライドについてでした。
多すぎると鬱陶しくなってしまいますが、上手く使って楽しいページを作りましょう!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ