個別記事のページです

2015年2月26日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

キーオブジェクトを有効に使う整列の仕方

Illustratorの整列パネルは、複数のオブジェクトを同じ高さ、等間隔に並べたりするのに
大変便利ですが、特定のオブジェクトに高さを合わせたい!となった時
キーオブジェクトを有効に使うのが便利です。


バラバラになっているオブジェクト
こんな風にバラバラになっているオブジェクトを見栄え良く整列させます。

1,整列させたいところを選択する
整列させたいところを選択する

今回は、まず上のアイコンと文字を揃えたいので、選択します。

2,キーオブジェクトにする
キーオブジェクトにする

整列の基準にするオブジェクトをもう一度クリックすると、線が一段階太くなります。
この状態がキーオブジェクトになります。
今回は、一番左の赤いアイコンをキーオブジェクトにします。

3,整列させる
整列パネル

キーオブジェクトにしたら、自動的に「整列」パネルの右下が
「キーオブジェクトに整列」になります(鍵のアイコン)
なっているのを確認したら、「オブジェクトの整列」→「垂直方向下に分裂」をクリックすると、

整列させる

赤いアイコンに沿って文字と他のアイコンが整列されました!

整列しました

他のオブジェクトも「キーオブジェクトに整列」を使って整列させてみました。
一度覚えるとかなり便利なので、積極的に使っていきましょう!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ