個別記事のページです

2014年10月31日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分だけのワークスペースの作り方

IllustratorやPhotoshopを使いこんでいくと、だんだん自分がよく使うパネルや機能が分かってきます。

ところがわざわざ自分の使いやすいようにパネルを配置しても、
違うユーザーが使用して配置を変えたり、Illustratorが強制終了すると配置が変わってしまいます。

そこで自分だけのワークスペースを作っておけば、
いつでも自分の使いやすい配置に戻すことができます。

変更したワークスペース

作り方は簡単。
自分が使いやすいようにパネルを配置して
「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「ワークスペースを保存」を選んで、
任意の名前をつけて保存するだけ。

メニュー画面

これでいつでも自分の使いやすい配置にすることができます。

Photoshopも設定できます。
Photoshopのメニュー

Photoshopはメニューやショートカットも同時に保存することができます。
Photoshopの保存画面

因みに、IllustratorもPhotoshopもショートカットやメニューのカスタマイズもできます。
ショートカットを新たに割り振ったり、別のキーを割り当てたりすることができます。

Illustratorは「編集」→「キーボードショートカット」で設定
Illustratorのショートカットメニュー

Photoshopは「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「キーボードショートカットとメニュー」で設定
Photoshopのショートカットメニュー

毎日使うソフトなので、いつもの場所にいつものパネルがあると探す手間も省けて、
作業効率のアップにもつながります。

自分用にパネルの配置にこだわってみるのも面白いものですよ。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ