個別記事のページです

2014年10月16日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Lightroomを使った写真補正の仕方

Lightroomを使った写真補正の仕方

写真編集ソフトといえば、Adobe社のPhotoshopが有名ですが、
Lightroomという写真の現像ソフトの使い方について、簡単ですがご紹介します。

こちらのLightroomも、Adobe社から発売されているソフトで、
Photoshopが画像加工に秀でているとすれば、LightroomはPhotoshopとは少し違い、
写真編集(現像)に特化しているソフトです。

今回は、このLightroomを使った写真補正の仕方を簡単にご説明します。

まず、こちらが補正前の写真です。
補正前の写真
色が全体的に暗く、女性の肌色もあまり良くないように見えるのですが、
明るさと色調整をするだけでだいぶ変わります。


1.色温度を上げる


まずはじめに、「基本補正」パネルの「色温度」を上げて全体的にオレンジっぽくし
女性の顔色を鮮やかにしていきます。
色温度をあげます
色温度をあげます
これだけでも少し変わってきたと思います。

2.輝度を上げる

写真のノイズが少し気になったので、「ディティール」パネルの「ノイズ軽減」の項目の 「輝度」のスライダを少し上げます。 輝度を上げます 輝度を上げます ノイズが軽減され、全体的に少し滑らかになりました。

3.露光量を上げる

「基本補正」パネルの「露光量」を上げて、明るさを調整します。 露光量を上げます 露光量を上げます 全体的に明るくなりました。

4.色ごとの彩度を上げる

全体的に明るくなりいい感じになってきましたが、まだ少し顔色がよくないかなあと思ったので、 「HSL」パネルの「彩度」の項目で、オレンジとイエローの彩度を上げました。 彩度を上げます 彩度を上げます これで、着物や帯の色は変更されず、肌や背景のみの色合いを変えることが出来ました。

あとは全体的な彩度の調整などをして、完成です。
補正後の写真

普段写真編集に使うソフトといえばPhotoshopが主流ですが、Lightroomを使うことによって
直感的に写真の編集ができます。
最初は難しいかもしれませんが、試行錯誤して、思い通りの写真加工ができるようになるので
是非試してみてください!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ