個別記事のページです

2014年10月17日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorの不透明マスクの作り方

不透明マスクを使った写真

Illustrator上で写真と背景を途中から馴染ませる時に使用する不透明マスクについてお話いたします。

上の写真のように背景と写真が徐々に馴染むように処理する場合、
Photoshopで加工した写真をIllustratorに貼りこむという方法もありますが、
その場合、馴染ませ加減を変更する時はいちいちPhotoshopに戻らないといけません。

しかし、Illustratorの不透明マスクを使用すれば、すべてIllustrator上で処理できます。

不透明マスクの作成手順

元画像

まず、塗りを白と黒のグラデーションにした四角を書きます。
※ぼかしたい方が白になるようにしてください。

グラデーションを引いた画像

次に、グラデーションの四角と写真を同時に選択して、
透明パレットの右上の「▼≡」マークをクリックするとメニューが出てきますので、
「不透明マスクを作成」を選んでください。

不透明マスクを作成を選択

この時点では右側がぼけています。

右側がぼけた写真

そこで、透明パネルの「マスクを反転」にチェックを入れます。

マスクを反転にチェック

すると、左側がぼけて馴染みました。

完成した写真

「マスクを反転」にチェックを入れる理由

左側をぼかしたいのであれば、左側を黒にすれば、
いちいち「マスクを反転」にチェックを入れずにすむのではと思われるかもしれません。

左側を黒にしたグラデーション

しかし、これで不透明マスクを作成すると、背景とキレイに馴染まない場合があります。

キレイに馴染んでない写真

これはグラデーションの黒が「グレースケール」のK100%になっているのが理由です。
グレースケールのK100%は若干薄いのできちんとぼかすことができません。

グレースケールのパネル

なので、「グレースケール」を「RGB」に変更して全てを0にすることでも、
キレイに馴染む写真を作成できます。

RGBに変換

上記の方法でも問題は解決するのですが、同じ透明パネルで解決できるので、
「マスクを反転」にチェックを入れる方がお手軽なのでおすすめです。

同じ黒なのにと思いますが、データ上はれっきとした違いがあるのでしょうね。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ