個別記事のページです

2014年9月18日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorで画像を書きだした時に線がズレてしまわないように

img-01_01.gif

少しのズレが命取り!?

Illustratorでデザインをし、ホームページで使うためにアートボードをつくり画像の書き出しをした際、線がズレてしまうことが多々ありました。
Illustratorを見てみると、データ上でそもそもズレてしまっているのがよくわかります。

本日はその回避方法を紹介します!

まず基本は、表示が「ピクセルプレビュー」になっていること、書き出したい画像自体のサイズが整数であることです。
画像サイズ自体が整数でなければ、いくら頑張ってもどこかでズレてしまいます。

そして、オブジェクトと、囲ったアートボードの位置を確認します。
基準点は左上がおすすめです。
位置を示す座標X、Yを、オブジェクトもアートボードどちらも整数に、同じ数値にします。

オブジェクトに線がついている場合は、その線を「内側に揃える」の作業を行うとばっちりです。是非、ホームページにすっきりキレイな画像を載せましょう!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ